nemlog流行ってますね!

サービス開始早々の鯖落ちの危機を迎える程の人気サービスになっていて1参加者として嬉しい限りです!

そこで今回は、好き勝手に、「ぼくがかんがえたさいきょうのねむろぐ」について書いてみたいと思います。

ざっくり内容を箇条書きにすると、こんな感じです。

  • 私がnemlogに大きな可能性を感じている理由
  • nemlogを持続可能にするためにはどのくらいの規模の経済圏が必要?
  • nemlog運営への負荷をなるべく減らしながら、nemlog経済圏を拡大する方法
  • NEM経済圏に新規流入を起こすためのnemlog活用法
  • コンテンツクリエーターに自分からnemlogを使いたいと思わせるには?

やや煽り気味の見出しなので、8割引くらいで読んでくださいw

(理由があって、この記事は外部サイトで書いています。その理由については本文で!)

※ 最初に書いておきますが、nemlogの方向性を決める権限は運営さんにあると思っています。この記事では、いろいろ好き勝手書かせてもらいますが、「飲み屋で日本の政治を語るおっさん」くらいのイメージで読んでください。

限られたリソースの中で奮闘されている運営さんに無理な要求を突きつけることが目的ではなく、もし万が一少しでも役に立つアイデアがあれば、部分的にでもご活用いただければいいなという記事です。

<この記事が役に立ったら、投げ銭をお願いします!>

nemlogに感じた可能性

このところTLではnemlogがとても流行っていて、どんどん新規参入者が登場して楽しいことになっています!

私も1つ記事を書いてみましたが、とても使い勝手がよく、特に自分でブログをつくるのはハードルが高いと思っている人にはとても便利なサービスだと感じました。

外部のWordPressブログに、nemlogの投げ銭ツールを設置してみたよ!

また、個人運営の為、twitteのような超大手のサービスには及ばないものの、コメント・投げ銭など楽しみながら使うことができ、実際に大量のトランザクションを生み出しているのが観測されています。

ここに、界隈の外から面白い(集客力のある)コンテンツクリエーターさんが参加してくれたら、nemlogだけでなくNEM全体の経済圏の成長にも大きく寄与するサービスだと思い、開発者のモヒカンエンジニアしゅうさんには頭の下がる思いで見ていました。

nemlog経済圏を持続可能にするためには?

このnemlogのようなサービスが、出来るだけ長く続いてくれるためには何が必要でしょうか?

まず絶対に必要になるのは、継続的なキャッシュの流入でしょう。

これなしに、個人の善意や持ち出しだけに頼っていると、どうしても、いつか破綻の日がやってきます。

具体的には、いくら必要でしょう?

WEBサービスの原価構造についてはあまり詳しく知らないので、ハッキリ言ってあてずっぽうで書きますが、それでも最低でも一人の人間に継続的なメンテナンスを求め、サーバー等の費用支出が必要なサービスを運用するためには、どんなに少なく見積もっても月に50万円程度の売り上げは最低限だと思います。(全然違ったら、教えてください)

そう考えると、投げ銭の5%を運営の手数料にしているとしても、月に総額で1,000万円の投げ銭が必要になるでしょう。

これまた感覚の話にはなりますが、界隈の中で投げ銭を続けていても、月間1,000万円のnemlog投げ銭経済圏を維持するのはかなり難しいように感じます。

既にサーバーが悲鳴を上げているという話なので、仮にnemlogが月に1,000万円の経済圏になるほどまでにPVが増加したら、おそらく設備投資もバカにならないだろうと思います。また、規模が大きくなればなるほどに、様々なリスク対策のために資金プールも必要になるでしょう。

nemlog経済圏を拡大するためには?

規模が大きくなるにつれて、追加で発生する支出については一旦忘れるとして、nemlogの経済圏を最低でも月に1,000万円まで成長させるためには何が必要でしょう?

たとえば、四国の山奥でサラリーマンを煽っているインフルエンサーでも何でもいいですが、一定の信者を抱えていて、記事を書けば信者が必ず投げ銭するような人をnemlog経済圏に取り込めれば、安定的に手数料を発生させ続けるありがたい存在になってくれるはずです。

他にも、事務所に所属しているようなプロは難しいかもしれませんが、一定のファンを抱えている野良のアイドルやバンドなどをnemlog経済圏に取り組むことができれば、これも心強いでしょう。

上川湖遥さん、上川湖遥さん。いま、あなたのことを呼んでいます!(この人はプロだけど仮想通貨少女だし事務所もOKするのでは!?!?)

他にも、滅茶苦茶ニッチな分野でマニアックなブログ記事を書いている人、youtuber、vtuber、とにかく笑える記事を書いている人、何か夢を持ってホワイトペーパー的ブログを書いて日々の活動実績を報告してる人(現状の投げ銭ツールで、見返りを求めないクラファン(寄付)くらいなら十分できる)、などなどなどなどなどなどなどなどなどなど!!!

こんな人たちが流入してくれたら、とてつもなく心強いはずです。

さらに、これまでxemを持っていなかった人が尊師や好きなアイドルに投げ銭するために、わざわざxemを買うことは、nem全体の経済圏の発展にも当然寄与します。

コンテンツクリエイターをnemlog経済圏に引き込むための大きな障害

では、今だ暗号通貨などには何の興味もないこのようなコンテンツクリエーターをnemlogに引き込むための障害は何でしょうか?

もちろん、そもそも暗号通貨の知識がない、為替リスク、税務が煩雑になる、法整備が追いついていないので何をするにも不安、などなどなどなどハードルは山ほどあります。

このように数あるハードルの中でも最大級に大きなハードルの1つが、自分のコンテンツを自分の管理下に置きたいということではないかと思います。

本格的にブログ運営をする人は、wordpressを利用する人が多いですが、これには理由があります。

もちろん、カスタマイズの自由度が大きいなどの理由もあるのですが、大きいのは自分のコンテンツ(資産)を自分の管理下に置いておきたいということです。

たとえば、fc2ブログを利用すれば無料でfc2の巨大なインフラを利用できますが、fc2がサービス提供を中止すれば、自分がこれまで築いてきた資産(コンテンツ)が一瞬で消えてい舞います。

バックアップを取っていれば他のサービスで復帰することもできますが、記事が増えれば増えるほどに復旧作業の手間は大きくなります。

URLやドメインに積み重ねてきたgoogleの評価も消え、下手をすれば、新しいサイトがパクリサイトとして検索エンジンから低評価を受けてしまうかもしれません。

twitterなどでも、定期的にインフルエンサーが凍結されて、それまでに集めたフォロワーが失われたりしています。

暗号通貨の言葉で言うと、wordpressブログは「秘密鍵」を自分で持っていられるサービスであり、ブログサービスは「秘密鍵」を持たずに取引所に入金してあるような状態というとイメージが近いかもしれません。

(有名人でもブログサービスを使っている人はいますが、おそらく、「まあ日本最大のbitflyerなら秘密鍵預けても平気でしょ!セルフGOX怖いし、自力で秘密鍵管理する手間かけるのの嫌だし」というようなことなのではないかと思っています。また動画配信の場合は、膨大なインフラが必要になるので、youtube等のサービスに頼るしかないのだと思います)

このようなことから考えると、自分のコンテンツを大切な資産と捉えている層ほど、nemlogへのマジ記事投稿を期待するのは難しくなるのではないかと、私は思っています。

だから、私が期待したいのがこれです!!

ででーん!!

nemlogの投げ銭よう外部ツールのスクリーンショット

そう!外部サイトに埋め込むようの投げ銭ツールですね!

これであれば、コンテンツクリエーターが自分の資産を管理下に置いた状態で、寄付機能を設置することができます。

しかも、もし有名ブログに設置されれば、継続的に新規アクセスを生み続けている過去記事がすべてnemlog経済圏に取り込まれることになります。

レバレッジやばいです!フルレバです!!!!

しかも、nemlog運営のサーバーにかかる負荷も、ページの表示すべてをnemlogサーバーに頼っているnemlog上の記事にくらべると軽減されると思います。nemlog経済圏が1単位拡大するごとに増える運営の支出額も多少なりとも少なめですむでしょう。

もちろん、「ブログをつくるのはハードルが高いけど、こういうサービスがあるなら記事を書いてみよう!」という風潮を見ていると、nemlog上に記事を書けるシステムも、本当にありがたいものなので、こちらも継続して頂けるとありがたいのは言うまでもありませんが!

このような背景があって外部ツールに非常に期待していたので、私のnemlogデビュー記事は、外部ツールの使い方記事を書いたのでした!

外部のWordPressブログに、nemlogの投げ銭ツールを設置してみたよ!

(ちなみにこの記事も、試験的な試みとして、本記事は外部wordpressサイトに投稿して、nemlogには本記事への誘導記事を投稿してみようと思いながら書いています。たぶん、ブロガーに利用されるためには、twitterみたいに自分の記事にアクセスを誘導するツールとしてnemlogが活用されるという用途があると強いと思うので!そして始まるスパムとの終わりなき戦い…)

ぼくがかんがえたさいきょうのねむろぐ

というわけで、この外部ツールについて、開発難易度などは無視した(←というか想像できない^^;)私の勝手な妄想を書いてみたいと思います。

「投げ銭・寄付」機能

これは現行の機能ですね。なので、とくに書くことなしです。
これだけでも、界隈の外のブロガーがnemlogを導入するインセンティブになるはずですが、他にももっとあるはずです!

追記:あと、しおじいさんの記事を読んで書こうと思ってたポイントを思い出したのですが、単純な送金だけだと直接ウォレット同士でやった方が手数料が低くてメリットがあるんですね。なので、nemlogが使われるためには、他にもメリットが欲しいところです。ということで、↓の説明に続きます。

優良記事発掘機能

たとえば、優良記事の発掘機能!

開発者さんかこんなツイートをされているので、おそらくnemlog上の記事はランキング形式で発掘されることになるでしょう。

「外部ツールを導入されている記事」についても同様のランキングをつくります。イメージ的には、「ブログランキング」とか、「ブログ村」のようなイメージでしょうか?

で、インポータンスを高めると、記事や著者のランキングが上がります。

このように新規アクセスの増加が期待できれば、界隈の外のブロガーがnemlogを導入するインセンティブが高まると思います。

ステータス

ツイッターのTLでも、会社のオジサンでも、人は自分がいかに良いものを持っているか人に自慢したいものです。

こんなに豪華な飯食ってるんだぜ!見ろよオレの車!!ブラックカードすげーだろ!!!!

TLでも、何か見せたい目的があるように見せかけながら、本当に見せたいものが写真の端の方に映っている画像がよく投稿されてますよね?

というわけで、外部投げ銭ツールの外観がランクに応じて変わるようにします。

A「オレがこの前書いた記事、nemlogカードがゴールドになってるからw」

B「え?普通、真面目に書いた記事ならプラチナになるよね?wwww」

A(くそおおおおーーーーぉぉぉおおおおお!!!!!次は絶対nemlogプラチナカードを出現させてやる!!!!!!)

となれば、ぼくら(nemlog経済圏)の勝ちです!

「週間ランキング1位獲得記事」とか「著者ランク2018!BEST10入選著者」みたいなトロフィーとかメダルみたいな画像が投げ銭ツールに表示されます。

で、このnemlogの寄付ツールを滅茶苦茶格好良くして、NEMとか良くわからんけど、このカード格好いいから自分のサイトに貼りたいって思ってもらえるようにします。

「界隈のデザイナーさーん!絵師さーん!!!」

あ、何でもないです。呼んでみただけです(チラッ

だから、私が期待したいのがこれです!!

というわけで、好き勝手書いてしまいましたが、たぶん、とてもじゃありませんが個人が開発できるレベルじゃないことを書いてるんだろうなって自覚はあります。

なので基本的には私の勝手な妄想として扱って頂いて、もし万が一、ほんの一部でも役に立つアイデアがあれば使って頂けるとありがたいという感じです。

で、読者やユーザーの方は投げ銭して手数料収入をnemlogに落として応援しましょう!

たとえば、この記事投げ銭するとか!

この記事投げ銭するとか!!

この記事投げ銭するとか!!!!

え?投げ銭なんて、全然欲しくないよ!!!!だけど、nemlog経済圏の発展のためにですねぇ…(ごにょごにょ

というのは冗談として、こんな居酒屋で政治を語るオッサンレベルの記事よりも、運営さんに寄付してあげてください!!!